キャッシングの返済の支払いが出来ない時や滞った時

キャッシングして借りたお金の返済支払いが出来ない時は

キャッシングでお金を借りて、ほっとしたのもつかの間、何らかの事情で、返済の支払いが困難になる場合があります。

 

以前の金融会社だと、返済が遅れた時点ですぐに電話や手紙が来たりしたものですが、現在はかなり丁寧な対応をしてくれるようになりました。

 

とはいえ、支払いが困難になった場合は、すぐに金融会社へ連絡を入れましょう。できれば、支払日の前に連絡を入れる方が望ましいですね。

 

連絡を入れたら、まず、キャッシングの返済の支払いが困難になった理由、次に返済が可能な日にちを伝えます。

 

【具体例・返済できなかった理由】

  • 昨日返済金を入金しようとしたのですが、インフルエンザにかかってしまい返済できませんでした。。
  • 母が危篤になってしまい、北海道まで駆けつけていてつい忘れてしまいました。。
  • など

【具体例・返済可能な日にち】

  • 給料が●●日に入るのでその時に確実に払います
  • 北海道から京都の自宅に帰ったら現金があるので入金します
  • など

電話連絡すれば大丈夫

 

たいていの金融会社は、その次の支払い日を尊重してくれ、次回からの返済日を変更してくれたりと、あらゆる提案をしてくれるでしょう。支払日を変更するだけで解決するのであれば、何も問題はありません。

 

しかし、たとえば、支払いをしている本人が病気になったり、仕事ができない状態で、収入そのものが不安定になるのであれば、今後の支払いについて、しっかりと話し合う必要があります。国の認可を取っている大手消費者金融会社であれば、無理な要求はしませんので、こちらが約束できる最大限の計画を話し、理解してもらいましょう。

 

どんな場合でも、誠意を見せることが大切です。金融会社も法律を無視した無茶なことはできませんので、納得できる内容であれば、当面、減額の返済額に応じてくれたり、支払い期限を延長してくれたりと、あらゆる対処はしてくれるでしょう。いずれにしても、真実を語り、誠意を持って、話し合いをすることです。

 

連絡が取れないと自宅や会社に電話がくる

ただ連絡が取れないとなると、連絡が取れるまで毎日電話が来ることもあります。それはそうですね。

返済者さんに何かあったんじゃないかと思いますものね。

 

場合によっては勤めている会社に電話連絡が来ることもあります。もちろん、督促状も自宅に届きます。

 

最悪、取り立て担当者が自宅に来ることもあります。

 

こうなると会社の人や自宅近隣の方に「借金して返済していない」ことが知られてしまいます。
社会人として「返済の延滞」は褒められることではありませんので、恥ずかしい思いをすることになってしまいます。

 

もしかしたら、近所でよからぬ噂をたてられたり、会社員としてのキャリアにキズがついたりするかもしれません。

 

そうならないためには、
まず第一に経過的に返済をする。
もし事情があって返済できない時は、前もってキャッシング業者やカードローンで借りた銀行に自ら連絡を入れて状況説明をすることが大切になってきます。

関連ページ

即日融資の不安
消費者金融と闇金との違い
合法の消費者金融に対して闇金は、国や都道府県が認可していない業者であり、貸金業をできない立場の人たちが行なっている行為です。
収入証明書無しでキャッシングができる消費者金融も条件次第である
収入証明書なしでキャッシングができる消費者金融もあります。急ぎの時は収入証明書を用意している時間なんてないのでそのような消費者金融を選択しましょう。
グレーゾーンの金融業者にはくれぐれも注意が必要です
グレーゾーンの業者に気を付けるのはお金を借りる時は非常に大事になってきます。不正な金利で貸し付け、厳しい取り立てをするグレーもしくはブラックと呼ばれる業者にはくれぐれも気を付けましょう。