様々な金融会社

不正な取り立て業務

以前は、今、大手と呼ばれている消費者金融会社などでも、厳しい取り立てがあったことは事実です。

 

不正な取り立て業務と貸金業法の改正

 

しかし、不正な取り立て業務が横行していた時代に、それを苦に自殺をする人たちも増え、あらゆる事件になったことから、
法律が改正され、

  • 貸し金融業の利息
  • 返済方法
  • 融資限度額
  • 貸金の回収方法

などがかなり厳しく制限されるようになりました。
このことで、多くの中小貸し金融業者が摘発され、廃業をする結果となったのです。

 

貸金業法

昭和58年に制定された貸金業法は悪質な闇金業者やグレーゾーン金利廃止の為に改正が行われました。

  • 平成15年の改正

過度の取り立てが問題されていた闇金業者を取り締まるために改正が行われる。

  • 平成18年の改正

 

貸金業法の改正により
一見、全てが解決したように思われた金融業界ですが、このことで逆に、一般の金融会社から借りられない人々が闇金にお金を借りるケースが増えたり、あの手この手で法律の壁をかいくぐる悪質な業者も出てきました。

 

今の法律では、夜9時以降の訪問や、電話による取り立て業務も禁止されていますし、本人以外の家族や知人に借金の内容を伝えることも不正となります。不正な取り立て業務が告発されると、金融業者は、貸金業の登録を抹消されるので、廃業に追い込まれることになるのです。このように、法律が厳しくなったおかげで、そのような業者は激減しました。

 

しかし、逆に、法律を無視した闇金などの存在も多くクローズアップされています。彼らは、もともと法律を度外視して営業していますので、あらゆる不正な取り立てをしてきます。家族や職場に迷惑がかかることも稀ではありません。警察に通報しても、さらに嫌がらせが増えたり、手段を選ばず、攻撃してきますから、注意が必要です。

 

即日借入れ|トップページ

関連ページ

金融会社の種類
一言に金融会社と言っても、実に様々な会社があります。
ウェブキャッシングが即日融資を可能にした
ウェブキャッシングの普及によって即時での融資ができるようになりました。ウェブを用いることで会社が確認するべきことがスムーズに時間をかけずに行えるようになったことが大きいです。
カードローンやキャッシングの返済は出来れば一括で!
カードローンやキャッシングはお金がない時に非常に手軽ですが返済はマストです。緊急な出費の対応が終わったらなるべく早く、できれば一括返済をおすすめします。
闇金の存在