闇金の存在

闇金には決して手を出さないこと

 

闇金融という言葉があります。
闇金融とは、通称、「闇金」と言われ、国の認可を取っていないで、貸付業務をしている会社のことを指します。そのほとんどが反社会勢力による営業で、法律を無視した会社がすることですから、とても危険な存在なのです。

 

一般の金融会社と闇金を見分けるためには、国の認可を取っているかどうかを調べることに尽きますが、これは今はネットなどで簡単に調べることができます。

 

金融庁のホームページには、貸金業者としての登録を受けているかどうかのリストがありますので、取引をしようと思う業者が認可を受けているかはすぐに確認することができます。

 

気をつけなければいけないのは、テレビCMなどで有名な大手消費者金融会社や、大手銀行の名前の一部を語った悪質な業者などが多いことです。その会社だと思って、申し込みをしたら、実は全く別の会社だったということが良くあります。

 

また、いくつかの会社から即日借り入れなどで借金をしている場合などは、業者の方から連絡が入り、融資を申し出て来ることがあります。これらの場合は、たいていが闇金である可能性が高く、業界内の顧客リストを不正に使用していることがほとんどです。

 

当然、正規の金融会社ではないので、利息や返済方法も法律を無視したものとなり、一度借りてしまうと、いつまでも返済が終わらず、むしろ増えていくこともありますので、即日借り入れ可能ですよなどと融資を申し出てきても、きっぱりと断ることが大切です。そして、警察や弁護士に相談する必要もあるでしょう。

関連ページ

金融会社の種類
一言に金融会社と言っても、実に様々な会社があります。
ウェブキャッシングが即日融資を可能にした
ウェブキャッシングの普及によって即時での融資ができるようになりました。ウェブを用いることで会社が確認するべきことがスムーズに時間をかけずに行えるようになったことが大きいです。
カードローンやキャッシングの返済は出来れば一括で!
カードローンやキャッシングはお金がない時に非常に手軽ですが返済はマストです。緊急な出費の対応が終わったらなるべく早く、できれば一括返済をおすすめします。
不正な取り立て業務と貸金業法の改正
不正な取り立てをする金融業者やグレーゾーンの金利を廃止するために貸金業法が改正されました。