仮審査と本審査

借入前の仮審査と本審査

即日審査の申し込みが終わると、すぐに先方の会社からメール、あるいは電話での連絡があります。まずは、最初の申込書類による仮審査の結果になります。

 

これは、送信した書類、入力した個人情報に基づき、信用情報機関に問い合わせをしたことによる結果となっています。

 

つまり、今、現在、他社からの借り入れがないかどうか、過去に借り入れがないかどうかの情報です。大手消費者金融会社は銀行系列ですので、この情報についての調査はきちんと行いますので、もし仮に過去の借り入れがあったり、現在の借り入れ件数、借入額をごまかそうとしてもすぐにわかってしまい、結果として不可になってしまうので、当たり前のことですが正直に記載しておくべきです。

 

仮審査の結果、融資の可能性があると判断されると、聞き取りによる本審査へと移行します。本審査は電話によるものが多いですね。本人と担当者が直に話をすることで、信頼関係を築くためです。

 

本審査では、個人情報の確認、送信した書類の確認を行った上で、融資の用途や、返済計画に対する希望などを聞かれ、その上で、借入金額の枠を提示されます。それで、双方が納得できると、実際の融資となりますが、ここで気をつけたいのが、借入金額と返済方法、返済金額の確認です。

 

即日融資を申し込んだと言うことは、緊急なお金が必要となったためですので、最低限の金額を借りるべきと考えましょう。枠と提示された金額をそのまま借りる必要はありません。また、返済金額も無理のない金額を慎重に計算しましょう。

関連ページ

消費者金融会社の選び方
即日融資の流れ
すぐにでもお金が必要な時は焦りがちです。ですがそんな時こそ融資までの流れを理解して行動しないとなりません。
キャッシングに必要な書類
融資を考える時に、一番、ネックとなるのが必要な書類ですね。 役所に取りにいかなければならない住民票や、印鑑証明、または収入証明書など、一度に揃えられないものが多数あるからです。
即日融資のお金の受け取り
昨今の即日融資は、持っている銀行口座にお金を振り込んでくれたり、コンビニでお金を引き出せるという方法が多くなっています。